読書メモ: 柳父章『日本語をどう書くか』と『翻訳とはなにか』

open-book-1428428_640

続けて読書メモをアップします。

この2冊は3月に読んだ本で、すぐにブログを書く予定でした。偶然にも、帽子屋さんのブログで先に紹介されてしまいました。ちゃんとした記事に下手な感想を付け加えるのも恥ずかしいということで、ほとぼりが冷めたこの辺りでこっそりと紹介しておきます。

もっと早くに出会えていれば、(良い意味で)かなり違った翻訳者になっていたに違いないと思える本です。ただし、今はまだ、消化不良を起こしています。ええ、あまりにも内容が濃いため、一度読んだだけでは消化し切れていないのです。なんとなくわかった気になっているだけ、のような感じです。今年のうちにもう1、2回は読み返すつもりでいます。そのときになれば、もう少しまともな記事が書けるかもしれません。

たぶん。うん、きっと。この本の内容をみんなで話し合えるような、そんな勉強会があればと思うんですよね。小手先の技術ではなく、翻訳を話し合えるような…… そうしたらもう少し理解を深められるような気がします。

ともかく、この本に出会ったことが、今年前半の最大の収穫でした。これから自分がどう翻訳と向き合っていくか。今年後半の大きな課題です。

では、また。

読書メモ: 初心者向けの2冊

books-2337525_640

なかなか計画通りにいかないのはいつものことで、ブログ更新も積読減らしもなかなか進みません。読む数より入手する数の方が多ければ減らないのは当たり前のことなので、後半は読むペースを上げようと思います。それに合わせてブログの方も読書記録的な記事も増やすつもりです。

まずは、今年前半に読んだ中から初心者向けの本を2冊。どちらも表紙と帯にひかれて買ったものです。

1. 「はじめての批評 ― 勇気を出して主張するための文章術」

第3章まで(93ページ)無料で試し読みできます。総ページ数の半分ほどという太っ腹さ。ここからPDFをダウンロードできます(2017年6月30日確認)。

ブログやSNSの流行に乗って、ここ数年、文章を書くための技術を解説した本が数多く出版されています。何冊も購入していますが、中身はどれもあまり代わり映えしない内容です(個人的な感想)。その中で、「正しい批評」という視点から文章の書き方を解説していくというこの本は、かなり目を引きました。実際、文法書をまとめたような他の文章術とは違い、興味深い箇所も多々ありました。

ただ残念なのは、文章術の内容にもかかわらず文章そのものがどうにもいただけない。(もちろん、自分の文章は棚に上げています)。初心者向けとはいえ、もう少しスッキリとした文章が書けなかったのかなと感じました。書籍の文章というよりSNSの文章に近い感じです。それ以上に残念なのが、「例文」。「あまり良い例文ではない」という断りが見られますが、断りを入れるくらいなら何故良い例文を探さないのでしょうか。時間不足等、いろいろ理由はあると思いますが、かなりモヤモヤします。発想、企画は良かったのになと残念な感じです。面白いんだけどなぁ、と。

2.「マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

もう1冊。こちらはタイトルだけで中身を見ずに購入したものです。個人的に、会話形式で解説する本はとっても苦手です。個人的な好みはさておき、この形式が苦にならない方で他の文章術を読んでいない初心者にはわかりやすくて良いと思います。翻訳など、文章を扱う職業の方にはあまりにも当たり前の内容ですが、文章を書く練習をしてこなかった方には最低限必要な内容です。

マジ文章書けないわけではないんだけど、うまく書けるわけではないんだな。それで、文章術をたくさん読んでも文章がうまくなるわけではありません。良い文章を読んで、しっかり書く。ただ精進あるのみという、いつもの結論でした。

今年の後半はブログ書きもがんばります。

では、また。

産業翻訳パーフェクトガイド

PIC170414

2年に1度発行されているムック本です。光栄なことに「押さえておきたいツール10選」という記事を担当させていただきました。翻訳支援ツールのセミナーでお話しした内容をベースにしています。翻訳学習者や翻訳支援ツールを使ったことのない方が対象ですので、かなりシンプルな内容になっています。

翻訳学習者に翻訳支援ツール(CAT)を勧めるつもりはまったくありません。翻訳支援ツールを導入しても翻訳がうまくなるわけではありません。この点は各人がしっかりと理解して欲しいと思います。記事内で各ツールの良い点と悪い点を独断と偏見に基づいて挙げてあります。大人の事情というのもありますが、かなりバランス良く書いたつもりです。ただ、最後の3つのツールに力が入りすぎたかもしれません。学習者と初心者に、この3つのツールは必須ですので。

前回の「通訳翻訳ジャーナル」の記事「間違いだらけの勉強法」も再掲載されています。

巻頭インタビューはあきーらさんですね。これは必見。

皆さんの仕事部屋はきれいに片付いていて、本当のほれぼれしてしまいます。私の仕事場とはまったく正反対。片付けどころかリフォームか引っ越しでもしなければ見せられたものじゃありません。

ためになる情報がたくさん載っていますので、ぜひ。私の記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

記事を書くたびに、もう少しうまく書けるようになりたいと思うのですが…… まだまだ精進不足なようです。

では、また。