Trados Studio 2017を使ってみたところ


job_it_dokata

SDL秋季ロードショー2017から約3か月、Trados Studio 2017をインストールしてから2か月ほど経ちました。これまで使用した感想などを報告しておきます。

最初に言っておきますが、使用するPCの性能や状態、取り扱うファイルや翻訳メモリによってかなり使用感が異なります。これから話すことは、あくまで私の環境(Core i7、16GB RAM、SSD、Windows 10 pro)、扱ったプロジェクトに限っての話です。このブログでディスる気はまったくありません。

良かった点

1. 操作は前のバーションから大きく変わっていない。UI(表記など)に少し変更がありますが、2015とほぼ変わらずに操作できます。

2. 用語ベース ビューでの用語の操作が楽になった。

3. 前のバージョンとの互換性がある。2015⇔2017で作業しても問題なし。

微妙な新機能

今回の売りの一つである「フラグメント一致」ですが、これまでのところほとんど役に立っていません。たまに表示される結果も使い物にならないことが多く、処理が重くなっただけという感じです。非常に良いと言う方もいらっしゃるので、私が扱ったプロジェクトがこのような機能にはあまり適していなかったのかもしれません。まともに機能し、処理が重くならなかったとしても、私には不要な機能のようです。

AutoSuggestが、日本語にも対応しました。残念ですが、私が英日で使うことはないと思います。日英ならまだ使えます。人によっては入力が楽になるので良いと思いますが、私には思考や入力の邪魔になるだけの機能です。

今回のバージョンは翻訳メモリ周りの改善、改良が売りだったと思うのですが、ヒット効率を良くするための処理をしているためか、前のバージョンに比べて処理が重く感じられます。

悪かった点は、書く必要はないかと…

今のところ、2017で作業を始めてストレス(処理の重さ)に耐えられず、結局2015で作業をするという繰り返しです。しばらくは2015をメインにして、サービスパックがリリースされるのを待ちます。

蛇足

2017をメインにしない理由は、処理の重さだけではなく、次のような状態になっていることも理由の一つです。

訳語検索ペインのツールバーは、このように表示されるのが正常です。

PIC20161213

私は訳語検索ペインをエディターに固定せず、フローティングにして別画面に表示しています。ある日、何をどうしたことかツールバー部分がフローティング状態になってしまいました。

PIC20161211

これを元に戻す方法を探しましたが見つからず、「ウィンドウのレイアウトを元に戻す」や再インストールを試しても、まったく直りません。Windowsのアップデートの後で発生したので、おそらくアップデートが影響しているものと思われますが… まあ、この状態なら気持ち悪いだけで作業に影響はないと、使い続けていていたところ、検索語の入力ボックスが!

PIC20161212

表示されたりされなかったりと。

こんな状態なので、なんとかサービスパックで直ることを期待しております。

それとも、そろそろ足を洗う時期なのでしょうか。

いろいろ思うところはありますが…

では、また。

コメントしてみる